Iラインを脱毛するときの注意点

アンダーヘア脱毛ではVライン、Iライン、Oラインと3つの部位に分けられていますが、女性器周りのアンダーヘアはIラインと呼ばれています。Iラインは、皮膚が薄くてデリケートな部分であり、さらに脱毛による肌トラブルが発生してしまった場合には排泄物や生理が来たらおりものも付着することになるので、慎重に行う必要があります。Iライン脱毛は、ワックス脱毛や家庭用脱毛器を使用して自己処理も可能な部位なのですが、万が一の肌トラブルを考えて脱毛サロンや美容皮膚科などで知識を持ったスタッフに処理してもらえば安心です。ミュゼ長崎でもIライン脱毛はお手の物。

 

Iライン脱毛の注意点としては、生理が来ている場合には受けることができません。生理後でも施術中におりものが出てしまうというトラブルがないように、安全な日に予約を入れるようにします。また、生理前にも体のホルモンバランスが乱れてちょっとしたことでも肌が敏感になっているので、普段は何もなかったという人でも施術による肌トラブルの可能性が高まるので注意が必要です。

 

Iラインの施術を受ける前には、前日には自分で除毛処理をしておくというのはどこで受けるにしても共通していることですが、カミソリであっても刃を直接肌にこすって剃るようなT字カミソリよりも、少し刃を浮かした状態で処理ができる電気シェーバーが安心です。もしも刃で肌を傷つけてしまえば傷が完治するまで施術を受けることができなくなってしまうので、電気シェーバーは手に入れておくといいでしょう。

 

まずは、お気軽にミュゼ長崎のカウンセリングに予約を入れてみましょう。