体毛と薄毛の関連性

体毛と頭髪が完全に反比例の関係になるかと言えば、そんなことはありません。体毛が濃く、年齢を重ねていても頭髪がふさふさの人もいれば、体毛も頭髪も薄い若者もいます。ただ、関係が無いかと言うと、そんなことはありません。体毛の濃さは主に、男性ホルモンによるものです。どんな人でも男性ホルモン、女性ホルモンどちらも有していますが、どちらが優位に働くかということで体質に違いが出ます。首から下の部分に毛が濃い人は、やはり将来薄毛になる可能性が高いと言えます。将来薄くなるのが嫌であれば、発毛のための対策を若い頃から取っておく事は大切です。

 

例えば、シャンプーを1つとってもそうです。発毛のためには適した環境というものが存在します。頭皮を清潔に保つ事はその大きな要素です。シャンプーにより汚れや皮脂をしっかり洗い流すことで、十分な対策となります。ただし、きれいにしようという意識が強すぎると、力が入りすぎ、逆に頭皮にダメージを与えてしまい薄毛を加速させてしまうことにもつながるので注意が必要です。

 

頭皮を柔らかく保つことも大切です。体毛が濃い人は、男性ホルモンが優位であることが多く、頭皮も硬くなりがちです。お風呂上がりなど、頭皮がより柔らかくなるタイミングで、指の腹などを使って優しくマッサージすれば、柔らかく、発毛に適した頭皮を維持することができます。これは、女性にも言えることで、体毛が比較的濃い人は、年齢を重ねた時に薄毛になる可能性を秘めています。将来薄毛で悩まないためにも、薄くなる前からの対策が肝要です。

 

体毛を処理するならミュゼ長崎へ。